お知らせ

6.262019

登録支援機関名簿に登録されました

外国人人材の受け入れ・活用の支援をいたします

弊社、株式会社メイコー・プロパティー・パートナーズは、法務大臣認定の登録支援機関に登録されましたのでご報告いたします。外国人人材の活用をお考えの方、支援計画書の作成でお困りの場合はお気軽にご相談ください。

電 話:052-799-9921(10時~19時)
メール:お問合せフォームよりどうぞ

登録支援機関とは?

登録支援機関とは、「特定技能ビザ」で入国した特定技能1号外国人の生活や社会上の支援計画と実施を行います。

特定技能ビザは2019年創設された残留資格。特定技能1号と特定技能2号の2種類あります。この残留資格ができたことで、これまで外国人が働くことができなかった業種でも外国人が働くことができるようになるなど、新たな外国人材の受け入れがしやすくなりました。

特定技能ビザで入国した特定技能1号外国人を雇用する場合、「受け入れ企業(外国人と雇用を結ぶ企業)」または「登録支援機関」が、特定技能外国人の職場や生活、社会上の支援をすることが義務付けられており、支援計画書の作成と提出・実行をしなければなりません。

支援には外国人が理解できる言語での支援、専門的な知識が必要な内容もあるため、受け入れ企業では実施が難しいケースもあります。そのような場合は、登録支援機関に委託していただくことで外国人材の受け入れがスムーズになります。

外国人人材の活用をお考えの方、支援計画書の作成でお困りの場合はお気軽にご相談ください。

電 話:052-799-9921(10時~19時)
メール:お問合せフォームよりどうぞ

過去の記事

  1. 7.112019

    【名古屋開催】2019年8月8日「外国人労働者・特定技能の労務管理基本講座」

    弊社が所属する「外国人労働者・インバウンドパワーチーム」では、2019年8月8日(木)「外国人労働者...

  2. 6.262019

    登録支援機関名簿に登録されました

    外国人人材の受け入れ・活用の支援をいたします弊社、株式会社メイコー・プロパティー・パートナーズは...

ページ上部へ戻る