ブログ

グーグル翻訳を使えば、外国人ドライバーでも漢字の住所わかりますね

最近外国人(永住者)のドライバーでの、紹介が増えてきております。

漢字がわからない外国人でも、例えば、住所が書いてある箇所を写真で撮って、

それをグーグル翻訳を使えば、母国語になります。

その母国語をグーグルマップに入れれば、配達先も簡単にわかります。

”外国人じゃちょっと・・・・”と思われている事業所様、一度お考えいただいてみても良いのではないでしょうか?

担当:杉山

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る